日本デンタルスタッフ学院は、歯科業界の「人材」を育成しつづける講座を開催しています。

日本デンタルスタッフ学院でテクニカルスキルアップと認定資格取得で自信をつけよう!

講座のお申込み・お問い合わせはこちら
講座について
講座スケジュール
クリニックコンシェルジュコース
口腔介護アドバイザーコース
歯科衛生士予防コース
歯科助手テクニカルコース
よくある質問
メルマガ登録
学院通信 歯科スタッフ向けコラム
ご相談・お問い合わせはこちら
ニッポンの社長 学院長 田中法子 インタビュー
 
歯科衛生士コース

このような方におすすめ

・患者さんとのコミュニケーションを
  スキルを向上させたい
・定期検診、自由診療について学びたい
・SRPやシャープニングの技術に不安がある

歯科衛生士歴30年の精密技術と留学経験から作り上げたプログラム

メンテナンス患者さんを担当する歯科衛生士の仕事は多岐に渡ります。
歯科衛生士の仕事として大切なマインド・患者管理の方法・審美性を伴う非外科的処置・患者定着のためのカウンセリングテクニックといった高度な技術をわかりやすく講義します。
歯科衛生士教育では日本に一台しかないCCD 付き拡大鏡“サージカム”を使用した講義です。

患者定着、自由診察への移行につながるスキルを取得

■即実践できて早く結果に現れる、心理学を応用した患者応対
患者さんの反応が変化し、コミュニケーションに自信がつきます。
患者応対の向上は患者定着・自由診療へと移行が可能になります。
 
■実技スキルの向上
苦手なスキルを克服する事ができ、なおかつ、すぐに臨床で活かせる実践型のカリキュラムです。
悩んでいたことは、どんなことでも講師に相談してください。
講座風景 講座風景 講座風景

カリキュラム【取得資格:歯科衛生士北欧型予防認定資格】 認定証発行

歯科衛生士北欧型予防認定資格取得1Day講座 ¥53,000
少人数制でいままで聞けなかったような事も詳しく聞くことができます。
最終的に症例検討ができるようになります。
(10:00~16:30)
概論
「口腔疾患の原因を患者さんと共有するカウンセリングテクニック」
 
1.口腔疾患の原因を観察・分析する方法
2.患者資料収集の方法と所見
3.患者情報カンファレンスの方法
 
※拡大鏡下のデモと実演あり
実技A
「北欧型予防コースと自由診療のメンテナンスコース」
 
1.定期健診と自由診療メンテナンスの違い・メンテナンス目標設定の方法
2.縁上リスクコントロールテクニック・北欧型予防ブラッシング
3.確実・効率的なプラークコントロールが可能になる正しいPMTC
 
※拡大鏡下のデモと実演あり
実技B
「縁下リスクコントールテクニック」
 
1.縁下リスクコントロールとは SRPポジショニングとシャープニング
2.咬合と歯周病リスク評価シート
3.メンテナンス計画の立て方・症例検討
4.認定試験
 
※手用スケーラー・顎模型・プローブ・シャープニングストーンはご持参ください。
※ご持参不可能な場合は事前にご相談ください。
セミナー・講座お申込みフォーム

参加者の声
歯科衛生士 青木さん

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このセミナーに参加して変わった事は、
技術的な事はもちろんですが、
大きく変わったのは患者さんとのコミュニケーションの取り方です。

最初は出来ることから、
おうむ返し、
ミラー効果、
声のトーンやスピード合わせるなど簡単な事から
少しずつ実践していきました。
 
セミナーを何度かうけていく中で一番大切だと感じた事は、
「医療者側がどう治療したいのか」を一方的に伝えるのではなく、
まず初めに「患者さん自身が口の中をどうしていきたいのか」をしっかりと聞く事です。
それを叶える為にはどうすれば良いのかを一緒に考えてクリアにしていく事で
お互いのゴールが一つになり、
自費の治療やメンテナンスの継続に繋がると感じています。
 
今まで当院での自費のメンテナンスは、
月に1人いるかいないかでしたが、
ちゃんと説明をし始めてから半年で月に15人のアポイントと増えています。
セミナーの中で、保険と自費の違いは「安い」と「高い」ではなく、
「治療」と「予防」全く違うものと教えて頂き、
患者さんには
お口の健康の為に是非予防のクリーニングを受けてもらいたい!と
私自身の考え方も変わりました。

参加者の声
受講後のアンケートより

受講後アンケート
1.講座の内容はいかがでしたか?
DHとしての仕事の内容を一つ一つ詳しく学ぶことができ、あいまいだったところや不安に思っていたところを学ぶことができたので、すごく為になりました。
プロービングやSRP、シャープニングも実際にやってみて体験することによって、体で覚えることができたので、明日からの仕事に活かしていきたいです。
 
2.受講前と受講後でお気持ちの変化はございましたか。それはどんなことですか。
何よりも患者様とのコミュニケーションが大事で、伝え方、話し方によって、より濃い関係、患者様の将来を良い方向に変えられることもできるのだと知り、今まで以上に、きちんと向き合い、しっかり支援できる医療人になろうと思いました。

受講後アンケート
1.講座の内容はいかがでしたか?
明日からの臨床ですぐに実践できることができる内容が盛り沢山で、受講させて頂いている途中でも、「これはあの方にぜひお話したい」など、とても自分のスキルアップにつながると感じる内容でした。
前回(院内セミナーにお越し頂いた時)学んだことの復習もあり、充実した休日になりました。
 
2.受講前と受講後でお気持ちの変化はございましたか。それはどんなことですか。
こうして田中先生のセミナーを受講させて頂くのは初めての経験で、受講前からどういった内容をご指導頂けるのかとワクワクしておりました。
実際、受講させて頂いて、院内セミナーとは違い、他の衛生士さんの意見などを聞かせて頂いたり、新しく学ぶこともたくさんあったので、本日お誘い下さって本当によかったと思いました。明日から活かしていきたいと思いました。

受講後アンケート
1.講座の内容はいかがでしたか?
今まで行ってっきたことの再復習ができた。
すごく分かりやすい内容で自分の中で理解することによって、しっかりと患者さんに向き合えたり、説明ができると思いました。計画書の重要性を改めて感じました。
 
2.受講前と受講後でお気持ちの変化はございましたか。それはどんなことですか。
受講させて頂いて、また自分の中のモチベーションが上がりました。
医院内に持ち帰り、もう一度復習し、見直す所がある所は見直していきたいです。

講座風景

画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
セミナー・講座お申込みフォーム