スタッフが変わると患者さんも変わる!いまよりもっと良くしたい医院様のためのスキルアップ講座です

基礎知識から最新の予防まで一連の流れを学べるのは日本デンタルスタッフ学院だけ!

講座のお申込み・お問い合わせはこちら

歯科スタッフに役立つブログ

化粧する?しない?の賛否両論  [2018年07月25日]

メールマガジンをご購読の皆さまには既にお伝えの通り(笑)

わたくし、朝40分のウオーキング通勤でございます!

(徒歩、と言わないところが小さな意地)

そのため、この時期は毎朝悩みます。

 

到着すると汗すごいしなあ~。

すっぴんノーメークで出社して会社でメイクするか?

いや、途中誰かに会ったら大変だぞ。きちんとしなくては!

 

そんな浅はかな葛藤をしながら

最近発掘した「落ちないメイク方法」を習得して

なんとかやり過ごしております!笑

 

さて、最近新聞に「盛り鉄女子」の賛否両論が掲載されました。

「なに?盛り鉄女子って。」

と思いますよね!!

 

こちらです。

2年前の東急の電車内に車内での化粧を控える広告が掲載され

コラムニストで鉄道ファンの東香名子さんが

車内で化粧をしている女性を「盛り鉄女子」と命名。

電車内で化粧する女性は許せる? 許せない?を配信しました。

時間がないから電車で化粧するのはどうなの?

という意見や、

だったら電車で食べたり本読むのもだめなんじゃない?という意見も。

その論争は別として気になったのはコメンテーターの

「ノーメイクで仕事するのはなんでダメなのか?」という意見でした。

 

女性だけ、メイクしなくちゃいけないなんて差別だ!というのがこのご意見の意図だそうです。

医療現場では(とくに、看護師さんや介護士さん)汗だくになって

着替えることもありますよね。

(でも眉毛だけは描いておきたい、とか。)

 

 私たちは医療従事者であって顔のほとんどをマスクで覆うとしても

来院なさる患者さんがお化粧をみだしなみとして行なっているなら、その礼儀として化粧はするべき、

というのが学院の結論です。

礼儀という中での化粧ですから、もちろんそれは患者さんが求める清潔な化粧でないと

逆効果ですよね。

いろんな意見もあると思いますが

私たちのエンドユーザー(最終顧客)は誰なのか?

を意識して過ごしたいものです。

 

Posted at 11:50