スタッフが変わると患者さんも変わる!いまよりもっと良くしたい医院様のためのスキルアップ講座です

基礎知識から最新の予防まで一連の流れを学べるのは日本デンタルスタッフ学院だけ!

講座について
講座スケジュール
クリニックコンシェルジュコース
口腔介護アドバイザーコース
歯科衛生士予防コース
歯科助手テクニカルコース
予防歯科を始める方法
院長先生向けニュースレター
IKIREI販売サイト
よくある質問
ご相談・お問い合わせはこちら
ニッポンの社長 学院長 田中法子 インタビュー
トップ > ニュース
[ 一覧 | 前のニュース | 次のニュース ]

私が考える「フリーランス」とは:意志表明文

[2019年08月28日]

【歯科におけるフリーランスの定義 学院長としての意思表明】

  学院長プロフィールは別添をご参照ください

「フリーランスになりたい」という方へ

■フリーランスと呼ばれる人たちには2種類あります。

1、各医院を転々と掛け持ちして正社員として所属しない人。

これをフリーターと呼びます。呼び方によりフリーランスと言いますが、本来のフリーランスとは異なります。

フリーターは、各歯科医院に「所属」して時給をもらう、または月の取り決めの中で業務料金を頂きます。

確定申告もその歯科医院にしてもらうこともあります。つまり非常勤スタッフと同等もしくはそれに近い待遇になります。

アルバイトよりも頂くお金は多いかもしれませんが、その分自分で保険や年金、確定申告をしなければならないので、もしかしたら医院に所属しているアルバイトさんの手取りよりも少なくなる可能性もあります。

予約が入っていてもいなくても、キャンセルがあってもなくても時給などに影響はありません。

主な仕事 定期健診の患者さんの処置・診療補助など歯科衛生士業務

勤務時間 医院の規定に準ずる

求められるもの 定期健診患者さんへの時間内処置と定着のためのコミュニケーション円滑・他スタッフとのコミュニケーション円滑

総観 フリーランスよりラフな働き方であるが、定期健診患者さんをキャンセルさせずに定着させ、テクニックを時間内に提供してより多くの患者さんを拝見することが求められる。所属していることの安定性はあるが、収入がいいように見えて総収入は低い点がある。

 

 

2、フリーランス=個人事業主です。

個人事業主とは、自分でお店を持つということ。自分でお店を持つということは一切の責任は自分にあるということです。

個人事業主ですので、最初から一切の責任をもち、経費管理なども含めて自己管理になります。

フリーランスは、各歯科医院に「所属」していません。今月仕事があっても来月仕事があるとは限りません。

今月も来月もそして今年も来年も仕事を得るために自主的に「事業計画」を立てる必要があります。「事業計画」というビジネスプランを立てられることが大前提です。

業務料金は自分で決めますが、その業務料金と提供する業務力が見合っていない場合、即終了を言い渡されるか悪い評判が立つこともあります。

法人を設立する場合はフリーターではありません。会社の代表取締役、つまり社長になります。会社存続の責務があります。税理士を雇い、会計事務を自分も理解する必要があります。

フリーターよりも数倍頂くお金は多いかもしれませんが、その分責任や準備も数倍必要になります。

主な仕事 院長の理念共有・保険、自費共に定期健診の患者さんの処置とそれに伴う高度なテクニック・他歯科衛生士への指導

勤務時間 医院との契約に準ずる

求められるもの 高度・最新の知識とテクニック。定期健診患者さんまたは自費患者さんの増加マネジメント・他スタッフへの指導・面談

総観 フリーランスはより院長(経営者)目線で観て聴いていかなければなりません。講師も併業させるなら講義(プレゼンテーションではなく)を行なう準備も必要です。より多くの収益を医院にもたらし、患者さんを満足させることが求められる。

 

フリーランスになるために必要なこと

1、   礼儀正しくどんな人ともコミュニケーションを取れる

2、   独立開業するために自分がどんなブランドで行くか決める

3、   ブランドが決まったら新卒から少なくても5年間基礎を習得し、後輩に教えられるようになる。その後ブランドにするテクニックを得るために最低3年、通常5年は習得機関が必要

4、   フリーランス独立後も、ある程度生活できる貯金を正社員時代にためる。生活費を必要最低限に抑える

5、   お金を稼げる自分ブランドのスキルの取得

6、   師匠を得る

7、   経理の勉強(字がきれいに書ける・敬語が使えるなども必要)

8、   人脈は作ろうと思っても出来ないので人間力を高めるのが先

9、   感謝の気持ちを忘れない

10、経営者目線になる  

以上は順位ではなくすべて大切なことです。

【総評】

  フリからフリランスへの意向はしいです。理由は安定を得るためのフリなので、もしフリランスになってもフリる人をこれまでてきました。

  独立起業までに臨床経験10年未満の歯科衛生士も最近見受けますが、ほとんどがいわゆるフリーターの状況です。

  フリーランスになるためには最低10年間臨床での成功実積を上げるために後輩に指導し、院長と同じ目線で経営を考えられるようになることが必須です。

 

上記は私が39年間歯科業界に身を置かせていただいての主観でございますので

関連リンク